モットンマットレスの口コミ・評判は?やらせやサクラが多いの?

モットンマットレスの口コミ・評判は?やらせやサクラが多いの?

ネット界を騒がせている、モットンマットレスですが、実際はどのような商品なのでしょうか?

よく2チャンネルなどでみられるのはこのような言葉になります。

『ステマがひどい。』

『値段よりも価値が低いのにネット商法だけで売り上げを上げている。』

このようにかなり酷評が上がっているようです。

ステマというのは、いわゆるステルスマーケットのことで自分の会社の商品を雇ったサクラなどにレビューを書いてもらうというものです。

実際の利用者の声を偽装して良い評価に見せようというのがステマというわけですね。

ステマをしているのかどうなのか?というのは、実際にその商品がよくなければかなり悪質なのですが、モットンマットレスはどうなのでしょうか。

では、特徴を見ていきましょう。

 

モットンマットレスの特徴

まず、このマットレス自体が高い反発性を持っている高反発クッションになります。

高反発クッションは、通常のクッションよりも弾性を上げて、反発する力を高めた名前の通りの特性で、寝転んだ時に安定しやすくなります。

ただ、成人男性の平均体重が65kgとして考えても、寝転んだ時に肩・腰・頭・足へと体重が分散されるのでマットレスと接している面が多くなりますよね。

その分、沈みにくいというわけです。

つまりは、かなり乱暴な言い方ですが硬い地面で寝ている感覚になります。

このモットンマットレスは、素材を見てみる限り地面で寝る…というほどではないですが、耐久性を上げるためにソコソコの硬さを持っていますね。

 

次は、マットレスを買ってから90日間返金保証がついています。

ネット関連で商売をしている企業なので、このあたりのサポートも万全というところでしょうか。

 

マットレスは結構早めにヘタるので、その耐久性が気になりますよね。

モットンマットレスの耐久性はそこそこ高いようで3年もの間使っている利用者もいるとのことです。

 

こんなイイトコ取りのマットレスが、なぜ酷評されるのでしょうか?気になりますよね。

次はマットレスの悪い口コミについてお話していきます。

 

モットンマットレスの悪い評判は?

モットンマットレスの口コミ・評判は?やらせやサクラが多いの?

まず、大きく酷評をしているのは2チャンネルになります。

2チャンネルというのは、ほとんどの方が知っていると思いますが、携帯やPCなどのいろんなデバイスから登録なしで書き込みができるネット掲示板のことを言います。

登録制ではないので、匿名性も高く利用者はかなり好き放題に書いていますが、その分キレイごとナシの正直な感想も書かれていたりします。

では、2チャンネルの利用者の口コミをまとめてみましょう。

  • モットンマットレスはおすすめできない
  • 腰痛が悪化した
  • ステマが多い
  • 実際の店舗で商品を見れないから買えない

このような口コミが散見されました。

では一つずつ分析していきましょう。

 

なぜモットンマットレスはオススメできないのか?

これは、すべての口コミにいえることですが、マットレスというのは安眠効果を100%得られるアイテムではないのです。

自分の体形にしっかりあったモノを選ぶことで、その真価を発揮するわけですからあっていないものを選んでしまった場合はカラダが悲鳴を上げてしまいます。

モットンマットレスは主に、ネットを軸にして流通しているマットレスです。

なので、利用者の口コミ(ステマ?)や公式ページの謳い文句に乗せられて、購入したところで実際に自分の体形に合うのかどうかは、商品が到着して実際に使ってみるまではわからないのです。

 

腰痛が悪化した原因は?

これも先ほどと同じで、自分の体形にあっていないマットレスを買ってしまったからだと言えます。

商品の売値は販売会社が決めるものですので、商品の値段が高い方良いモノ…というわけではありません。

 

ステマが多いといわれるのはどうして?

実際にネットを主軸に販売しているので、アフィリエイトやランディングページなど、「モットンマットレス」で検索するだけで山ほど出てきます。

商法としてそのあたりに広告宣伝費を割いているのでしょう。

ネットを主軸にしている販売方法と、無数にあるアフィリエイトサイトのおかげで購入者数が伸び、結果として体に合わないマットレスを使うことになってしまった利用者が酷評や悪評、サクラが多いという口コミを流すわけですね。

これは、嘘とは言えませんが全くの正解でもないのです。

 

店舗型じゃないから商品を見れない

問題の本質はココにあります。

ネットという便利な流通を駆使しているために、実際の肌触りや使い心地などをネット上の言葉だけで判断するしかありません。

ただ、モットンマットレスの良いところは90日間返金保証を掲げているところです。

このネットを主軸にした販売の弱点を知っているのでしょう。

返金保証には返金できる場合とできない場合が明確にされているので、試しに購入して合わなければ返品…という方法で試用できるかもしれませんね。

 

モットンマットレスの良い口コミは?

モットンマットレスの口コミ・評判は?やらせやサクラが多いの?

この商品を利用して劇的に効果があった!という方も中にはいらっしゃいます。

  • 毎日痛む腰痛がマシになった
  • 寝起きがよくなり、寝付きもよくなった
  • 通気性が高いのでカビの心配があまりない

代表的にはこのような感じになります。

毎日痛む腰がマシになったというのは、モットンマットレスはもともと腰痛改善効果をメーカーが謳っています。

高反発クッションならではの姿勢矯正効果が望めるので、自分の体に合っている場合は効果が期待できそうですね。

先ほどから自分の体に合っている…と何度も記述していますが、どのような方に合う可能性があるのでしょうか?

高反発性なので、極度に姿勢が悪い方・腰をかなり痛めている方はあまり適さないかもしれません。

若干猫背で腰が痛む時がある…というような方は、モットンを使えば改善されるかもしれませんね。

腰痛や姿勢の悪さの重症度によってマットレスを使い分けましょう。

オススメは、姿勢がちょっと悪い・腰がたまに痛い=高反発性。

姿勢がかなり悪い・腰が相当痛む=低反発性もしくは通常のクッション。

クッション選びの大枠はこのように決定してきましょう。

 

また、通気性が良いと書かれてもいました。

実際につくりを見てみると、マットレスの周りの素材にエアリーな生地を使用しているため、肌触りのジメジメ感を緩和しているようですね。

ただ、マットレス本体は保湿性が高いものになりますのでベランダ干しなどを適切に行って長く使いたいところです。

 

では、モットンの良いところ・悪いところを確認したところで、次はよくある質問コーナーにいきます。

 

モットンマットレスQ&A

モットンマットレスの口コミ・評判は?やらせやサクラが多いの?

Q 返金保証90日ってどんな条件があるの?

A 90日経過後~104日経過後までに製品保証書・本体・カバーが販売店の倉庫に到着することです。

 

Q 返金保証は全額帰ってくる?

A 購入代金は全額返金されます。ですが、別の費用として6000円ほどの配送料などがかかります。

 

Q どれぐらい使ったら干さないといけない?

A 通常は毎日でも良いぐらいですが、腰が痛い方が使うので厳しいでしょう。最低3日に一回は干すか、電動乾燥機を使いましょう。温風で膨れる大きな風船のようなものです。

 

Q 自分が姿勢がどの程度の悪さかわからない。

A 大きな鏡の前で椅子に座ってみます。そのときに肩・腰・頭を平行になるように意識してみましょう。そのときに辛い!と思った度合いが姿勢の悪さの指標になります。

 

Q 水洗いはできるの?

A 素材を劣化させるので避けましょう。

 

Q 子供が使っても大丈夫?

A カラダに合ったものであれば大丈夫です。ですが、子供の状態に気を配り、その後どうなっているのかを注意してみてあげる必要があります。

 

こんな人はモットンを使ってみよう

ズバり、姿勢が少し悪くて腰が痛いときがある方が使いましょう。

腰がたまらなく痛い方は、マットレスに頼るのも悪くはないのですが、専門医に相談してからのほうが悪化させる心配がありません。

腰痛というのは、人類最大の敵で2足歩行を始めた時からずっとあるものです。

それでも劇的な改善方法は外科手術以外の分野では認められていないことがほとんどです。

効果がある人はあるし、ない人はないということですね。

腰痛の改善を本気で考えるなら、専門医に相談して自分に最適のマットレスを選びましょう。

 

まとめ

モットンマットレスの口コミ、2チャンネルなどいろいろ見てきましたがいかがでしたか?

ネット商法ですので、ステマと呼ばれるものも存在しているかもしれません。

ですが、その名前の通りステルス(見えない)のがステマですので、そのような心配よりも実際に自分に合うマットレスなのか?という方向で考えていきましょう。

モットンだけではなく、ほかにも安眠マットや腰痛改善マットはあります。

ですがモットンは公式サービスが整っていてカスタマーサポートも丁寧な対応をしてくれます。

ちょっと試してみたいな…という方は、この機会に試してみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*